カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
宮崎県の都農ワイン、スパークリングワイン マンゴーです。宮崎マンゴー100%。 ほんのり甘い、大人のスパークリングワインです。
都農ワイン スパークリングワイン マンゴー
2,100円(税込)
TW015
都農ワイン スパークリングワイン マンゴー
2,100円(税込)
都農ワイン(つのわいん)

おとなり宮崎県は熊本県同様
日本のワイン造り最南端でもあります。
その宮崎県の都農ワイン、
イギリスのワイン本「ワインレポート」に
毎年の様に掲載されるほど
世界に通用する実力派です。


また、再利用可能なワインの栓「ゾーク」を
推奨されている蔵元でもあります。
(「ゾーク」の開栓には道具は不要です。)
※本製品には「ゾーク」は使われておりません。

都農ワインさんのホームページに
会社設立への願いに関する記載がありました。
素敵な願いなのでご紹介致します。

安心で安全な食の生産のために (都農ワイン、ホームページより)

地域に根ざした地元で愛され続けるワイナリーを理想として、
「都農ワイン」は設立されました。
生産者と消費者の顔の見える関係を大切にしたワインづくりです。
それは、おいしいだけでなく安心で安全な食の生産をめざすことでもありました。
良質の原料が良質のワインになるという視点で、
安心で安全なぶどうの生産への取り組みにも、一層の力が注がれるようになりました。
菌体肥料をつくる実験プラント「グリーンガイア」が、
ワイナリーの敷地内に設置されたのも、こうした取り組みへの試みのひとつです。
化学肥料に頼らない有機農法によって、より安心で品質の優れた農産物をつくりたい。
その願いを実現するための実証実験が始まりました。
ワイナリーのぶどう園をはじめ、畜産農家、野菜農家、農協の各部会でも
菌体肥料を使った土づくりの手応えが試され、成果をあげています。



宮崎マンゴー100%。
ほんのり甘い、大人のスパークリングワイン

産学官連携事業とマンゴーブランド化に協力を・・・
マンゴーワインは、(有)都農ワイン、県北臨海エリア産学官連携促進事業
ならびに宮崎経済連のマンゴーのブランド化に向けた協力のもと製品化。
同促進事業では、九州福祉保健大学の川原教授研究グループが
マンゴー果汁 による老人性認知症の予防、改善の可能性を見出しました。
また、マンゴーブームで品薄の中、宮崎経済連は、マンゴーを県下の農協より集荷をして頂き、
都農ワインがマンゴーワインを醸造、製品化をすることに なりました。

美容と健康に抜群のマンゴー
マンゴーは、チェリモヤとマンゴスチンとともに世界三大美果と、言われており、
ビタミン・ベータカロテン・カルシウムなどが 豊富と言われています。
美容と健康にもとっても良さそうです。
また、マンゴー果汁による老人性認知症の予防、改善の可能性 があるそうです。



[メイキングレポート]

今年は、寒い春で生育の遅れがみられましたが、
5月以降良い天候に恵まれましたが、6月の雨で収穫時期はやや遅くなりましたが、
風味豊かなマンゴーを収穫することができました。

テイスティングコメント

[涼しさを感じるレモン色]

マンゴーの果肉の濃い黄色というよりも、柑橘系の果実を搾ったような涼しげな色合い。
連なる炭酸の泡と濁りがかった色合いに上品さを感じます。

[オレンジやライチ、桃のような香りが華やか]

オレンジのような香りを主体に、マンゴー、ライチ、桃などの香りが華やかに楽しめます。
優しいマンゴーの香りと甘い香りが炭酸とともに続々とあふれてきます。
南国のイメージを連想させられる香りです。

[甘味と酸味の絶妙なバランス]

口に含むと、爽やかな酸味と炭酸が口いっぱいに広がりながら、
マンゴーの優しい甘味と良いバランスをとっています。
余韻に爽やかさも残るので、フレッシュ感も楽しめます。
甘味と酸味のバランスが整ったスパークリングワインです。



[楽しみ方]

よーく冷やしてお楽しみください。8〜12℃と若干低めに冷やした方が楽しめると思います。
デザートワインとしても楽しめ、ムニエル、白身魚の天ぷらなど
魚料理との相性を見せそうなマンゴースパークリング。